組合情報

沿革・歴史

組合の経緯

1、戦時中 大日本製紙原料商業組合設立
全国一体化した統制組合が設立
2、終戦後 統制組合は閉鎖期間に指定される
3、昭和22年5月2日 愛知県故紙商業工業組合へ移行
4、昭和32年12月16日 中部製紙原料商工業協同組合へ移行
5、昭和39年8月21日 中部製紙原料商業組合へ移行
6、昭和50年7月9日 中部製紙原料商工組合へ移行現在に至る

いままでの主な記念行事

昭和39年 中部製紙原料商業組合への改組を記念して組合功労者及び
永年勤続従業員の表彰を行う。
昭和49年11月20日 協同組合から商業組合への移行10周年を記念して組合功労者
及び永年勤続従業員の表彰を行う。
昭和57年11月22日 組合創立35周年記念式典を挙行
組合功労者及び永年勤続従業員の表彰を行う。
昭和62年11月17日 組合創立40周年記念式典を挙行
組合功労者及び永年勤続従業員の表彰を行う。
平成9年5月25日 組合創立50周年記念式典を挙行
組合功労者及び永年勤続従業員の表彰を行う。
平成20年1月15日 組合創立60周年記念式典を挙行
組合功労者及び永年勤続従業員の表彰を行う。
写真でみる組合の歩み 1964〜2015

昭和39年

中部製紙原料商業10周年(福田理事長挨拶)
現組合の前身
中部製紙原料商業組合設立
  中部製紙原料商業10周年(昭和50年度より現名称に)


昭和49年

中部製紙原料商業10周年(福田理事長挨拶)
中部製紙原料商業10周年(福田理事長挨拶)
  中部製紙原料商業10周年(昭和50年度より現名称に)
中部製紙原料商業10周年(昭和50年度より現名称に)


組合結束古紙デモを挙行1
組合結束古紙デモを挙行 7月30日
組合結束古紙デモを挙行2
昭和50年
組合結束古紙デモを挙行3

組合結束古紙デモを挙行4




創立35周年 11月22日1
創立35周年 11月22日
昭和57年
創立35周年 11月22日2


平成9年
創立50周年 5月26日
創立50周年 5月26日
ナゴヤドームにて野球観戦
ナゴヤドームにて野球観戦
(全原連厚生福祉専門委員会助成事業) 9月30日




平成10年

資源回収危機克服決起大会/愛知県勤労会館 7月29日1 資源回収危機克服決起大会/愛知県勤労会館 7月29日2 資源回収危機克服決起大会/愛知県勤労会館 7月29日3
資源回収危機克服決起大会/愛知県勤労会館 7月29日
第38回通常総会で選任された新役員 5月8日 於 キャッスルプラザ
第38回通常総会で選任された新役員 5月8日 於 キャッスルプラザ




平成11年 ゴミ減量市民大集会 7月18日
ゴミ減量市民大集会 7月18日




環境デーなごや 9月2日
環境デーなごや 9月2日
 
 
平成13年
初めての海外研修(台湾) 2月28日〜3月2日
初めての海外研修(台湾) 2月28日〜3月2日


平成14年 海外研修会(アメリカ) 11月3日〜7日
海外研修会(アメリカ) 11月3日〜7日


平成15年

環境デーなごや 9月7日
環境デーなごや 9月7日
  海外研修(タイ) 10月12日〜16日
海外研修(タイ) 10月12日〜16日




平成16年 海外研修会(中国)
海外研修会(中国) 10月17日〜21日


海外研修会(韓国)
海外研修会(韓国) 10月9日〜12日
平成17年




平成18年 海外研修会(ドイツ)
海外研修会(ドイツ) 11月5日〜10日


平成19年

創立60周年記念式典
創立60周年 1月15日




平成20年 海外研修会(イギリス)
海外研修会(イギリス) 10月11日〜16日


災害事例検討会1)
平成21年
災害事例検討会2) 災害事例検討会3)
災害事例検討会
災害事例検討会4)




平成22年 )
海外研修会(インドネシア・シンガポール) 10月10日〜14日



海外研修会(オーストラリア) 10月9日〜13日
平成23年


平成24年
環境デーなごや2012 9月15日


平成25年


海外研修(マレーシア) 10月8日〜11日
 
出前授業開始(第1回) 10月30日/名古屋市立川原小学校


平成26年


海外研修(タイ) 11月11日〜14日
 
出前授業(紙すき体験) 2月20日/名古屋市立八事小学校