中小企業の元気を応援します 愛知県中小企業団体中央会

文字サイズ

県内中小企業景況天気図

県内中小企業景況天気図 2018年度

2018年5月分

前年同月との比較

《凡例》

好転

+30≦DI

好転

やや好転

+10≦DI<+30

やや好転

変わらず

-10<DI<+10

変わらず

やや悪化

-30<DI≦-10

やや悪化

悪化

DI≦-30

悪化

売上高 在庫数量 販売価格 取引条件 収益状況 資金繰り 操業度 雇用人員 景況
製造業 変わらず 変わらず 変わらず 変わらず 変わらず 変わらず 変わらず 変わらず 変わらず
非製造業 やや悪化 変わらず 変わらず 変わらず やや悪化 変わらず 変わらず やや悪化

景況の推移グラフ

業界レポート

《製造業》

【繊維工業】

リーマンショック以来の不況になりつつある。ガーゼ(多重ガーゼ)は中国で作られ日本へ売られており、受注は厳しく産地が駄目になっている。インテリアも海外で作られたものが輸入され、苦しい。

【印刷】

紙の値上げ表明により、価格は上昇傾向にあるものの、大幅な値上げには至っていない。印刷物の中には全国へ発送するものもあり、物流費の上昇は少なからず影響が出ていると思われる。

【窯業・土石製品】

収益性は変わらず低調で、設備投資も難しい。人件費は高騰しており、給料面では大手企業に太刀打ちできず、人材確保が非常に困難になってきている。

《非製造業》

【卸売業】

旬の食材、北海道の時鮭の水揚げが激減し、鮭の価格が高騰。今年もアニサキスの被害で生かつおが相場安、冷凍かつお、冷凍たたきへ商品が移行している。おいしい新鮮な「生魚の刺身」が危機的な状況で残念。

【サービス業(旅館業)】

海外インバウンドツアーの増加により、売上高が増加した。

【建設業】

受注量は少なく、工程的に2~3ヶ月は閑散期が続くが企業別にはばらつきあり。キャリアアップシステム登録に向け、動きは鈍い。

中央会内部団体

  • 愛知実業協会
  • 愛知県中小企業青年中央会
  • あいち女性中央会