江南産地の歴史
機織り 木曽川の水運により近世からできた町並みで
尾張と美濃を結ぶ交通の要地でした。
現在はインテリア織物が盛んです。

長い伝統と最新技術で
最高級のカーテン生産


江南地方は 古くから養蚕が盛んに行われ この絹糸を使って
明治中期から紋羽二重(もんはぶたえ)などの絹織生産が興り
織物生産地を形成してきました。
  
昭和7年から化学繊維(人絹)による織物も生産されるようになり 昭和22年頃には絹の銘仙 絹及び交織の綸子(りんず) お召し 縮緬(ちりめん) スフ素材による婦人服などの 生産を行っていました。

歴史 昭和25年頃からはこれまで蓄積されたジャカード式紋織機による複雑で多彩な柄だし技術の 応用に取り組み カーテン織物の生産を手掛けるようになりました。

中でも高級ドレープカーテンはデザイン・品質・量ともに全国から高い評価を得ており その他にも 壁装地 椅子張地など豊富な品種を揃え 現在では室内空間を彩るインテリア(室内装飾)織物の総合産地として発展しています。
*ドレープカーテン・・・しなやかで 柔かい流れるようなカーテンのことです。
*国産高級カーテン地のほとんどは江南生れです。