昭和初期 名古屋木型組合発足
戦争中 愛知県機械木型工業組合と改称するが 終戦後に自然消滅解散
昭和37年 名古屋木型共同会設立
昭和39年4月 名古屋木型工業協同組合として愛知県の認可を受ける
昭和39年5月 中部地区木型工業協議会発足更に日本木型工業会発足し
業界の活動にも力を注ぎ 現在に至っている。
名称 名古屋木型工業協同組合
事務局所在地 〒456-0035
名古屋市熱田区白鳥2丁目12番12号 熊沢ビル46号
TEL 052-682-1717 FAX 052-682-1718
E-mail tksbx635@ybb.ne.jp
理事長 山内 秀穂
認可 昭和39年4月
会員数 29社
 
ようこそ『名古屋木型工業協同組合』のホームページへ
当組合は航空機 自動車 建設機械 工作機 又 
省力機械 IT機器の部品及び本体の模型や
それらの製品に関する各種治具を 製作し、
「ものづくり愛知」を影で支える企業集団であります。
ここに紹介する各社は卓越した技能を駆使し、
ノミやカンナを用いた昔ながらの 手作りによる製作は勿論のこと、
時代に合わせたCAD/CAMによるNC製作まで
多種多様な顧客のニーズに対応し、 各方面に活躍しています。

ご用命 又 質問がございましたら、お気軽に当事務局まで
ご連絡下さい。
会員一同 心からお待ちいたしております。
名称 名古屋木型工業協同組合 青年部会
事務局所在地 〒456-0035
名古屋市熱田区白鳥2丁目12番12号 熊沢ビル46号
会長 大塚 健二郎
会員数 8名
設立 昭和61年11月
目的 木型製造業(石膏、樹脂、モデル、発泡、金型含む)を営む青年経営者
並びに幹部をもって組織し、会員の研修と相互の連携を強め、企業経営
の確立と秀れた指導者の成長を期し、業界の発展に寄与すること。