株式会社加藤製作所

 当社は1947年に銅合金の鋳造会社として創業以来、生活基盤である水道を支えるとう使命感のもとに、ひたすら技術の蓄積に努め、さらには海外工場の設立など新たな体制を整え社会や業界のニーズに応えてきました。現在、鋳造業界は「鉛フリー化」という大きな課題に直面し、さらには省エネルギー、省資源が強く求められています。こうした環境品質向上のための技術開発に力点をおき、地域に根ざした企業として使命と債務を果たして参ります。
紹介ビデオ→YouTube


●福利厚生
社会保険、厚生年金、厚生年金基金、雇用保険、労災保険あり、
●その他 行事(年2回程度)あり、野球部

 

 

 


  業務内容
・水道用青銅バルブの製造
・各種金型設計、製作
[品質方針](ISO9001)
美しい外観 正しい形状 
  正確な寸法 優秀な性能
[環境方針](エコアクション21)
鋳造技術の高度化推進
省資源、省エネルギーの推進
廃棄物の削減およびリサイクルの向上
本 社

〒452-0942
愛知県清洲市清洲1668

TEL052-400-7231
FAX052-400-0451
岐阜工場

〒503-0608
岐阜県海津市海津町鹿野東縄1204

TEL0584-52-0121

大連工場

中華人民共和国
遼寧省大連経済技術開発区鉄山西路10
TEL411-8761-4601
FAX411-8763-8861
代表者 代表取締役 加藤 丈人
創 業 昭和22年
資本金 6.500万円
年 商 22億円
従業員数 男性30名 女性5名 合計35名 ※日本国内

21世紀の「減圧凍結システム」の確率
先輩からのメッセージ

      代表取締役 加藤 丈人

 1990年中国大連市で工場建設に着手し、製造拠点を海外に移し、2000年には日中を結ぶ物流基地として岐阜工場を建設。本社では3次元 CADシステムを導入し、新製品の開発に取り組み、現在は水道用製品の鉛フリー化の要求に応じてEUのRoHS規制や、厚生労働省の水質基準に適合した製品を低コスト供給するため経済産業省の支援を受けて高品質で無公害な鋳造技術「減圧凍結システム」の開発に全力をあげています。  

 
機械加工担当 太田 共安

 現在私は機械加工を担当しておりますが、配属になった時は全く知識がありませんでした。今では機械操作も少しっずつ覚え、上司に教わった内容を記したメモを片手に頑張っています。最初はとても不安でしたが、周りの先輩達に励まされ、毎日楽しく仕事をしています。                

  本社         岐阜工場