紙は、私たちが生活していく上で、なくてはならないものです。

また、紙は「木」からつくられていますが、リサイクルするのに大変適した性質を持っています。

一度使った古い紙(古紙)を回収し、再生利用して紙を作り、この紙をつかったら再び回収にまわす→これが紙のリサイクルです。

古紙を再生して、もう一度利用することは、大切な木材資源の有効利用になるだけでなく、省エネルギー、ゴミの減量などにも大きく役立ち、地球環境を守る上からも大切なことです。

私たち「名古屋リサイクル協同組合」では、市民、事業者、行政と一体となって、古紙等の資源化(学区協議会方式による集団回収)に取り組んでいます。

また、名古屋市の行うゴミ減量・資源化施策の推進に協力するため、「環境デーなごや」など各種啓発事業に積極的に参加しております。

集団回収は、古紙が効率よく大量に集まり、ゴミの減量にも役立ちます。皆さんのご協力をお願いします。

組合概要
設 立 平成9年6月12日
目 的 古紙等のリサイクル事業を通じ、ごみ減量・循環型社会の形成に寄与する。
理事長 石川喜一朗
地 区 名古屋市、一宮市、瀬戸市、春日井市、津島市、小牧市、稲沢市、東海市、
大府市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、日進市、愛西市、清須市、北名古屋市、
弥富市、あま市、長久手市、東郷町、豊山町、大治町、蟹江町、飛島村
所在地 〒450-0002
名古屋市中村区名駅三丁目25番9号(堀内ビル7階)
TEL 052-582-3990 FAX 052-533-2372
組合員数 65名
事 業
(1)  学区協議会方式集団資源回収(名古屋市内)
(2)  名古屋市の清掃工場からの古紙引取
(3)  啓発事業として「環境デーなごや」へのブース出展